【終了しました】平成26年度「ホームヘルプの質を高める研修会」開催について

ホームヘルプの質を高める研修会

 

平成27年度介護保険制度改正・報酬改定では、地域包括ケアシステムの推進にむけて、様々な制度の見直しが予定されており、介護予防訪問介護の地域支援事業への移行をはじめ、ホームヘルプサービスへの大きな影響が予測されます。

一方、単身高齢者や高齢者夫婦のみ世帯、老老介護世帯等が増加するなか、制度だけでは対応できない多様な生活支援ニーズや孤立、生活困窮の深刻な課題が広がっています。また、より重度の要介護者や医療ニーズがある人を地域で支える体制づくりも求められます。

こうした状況のもと、地域包括ケアシステムの一翼を担うホームヘルプサービスの役割はますます重要となっています。利用者の自立を支援し、地域での暮らしを支えるために、より一層の質の向上をはかるとともに、人材確保・育成等をはじめ経営の改善・強化をすすめることが急務です。

本研修会では、サービス提供責任者および管理者等を対象に、ホームヘルプサービスをめぐる動向を学ぶとともに、より質の高いサービスの提供を図るため、ホームヘルプサービスのあるべき姿を研究・協議します。

期日

平成26年12月15日(月)~12月16日(火)

参加対象

ホームヘルプサービス事業関係者(サービス提供責任者・管理者等)

定員

100名

参加締切

平成26年12月5日(金)

※参加申し込みは締め切らせていただきました。多数のお申込みありがとうございました。

※定員になり次第締め切らせていただきます。

開催要綱・開催案内・申込用紙

下記よりダウンロードの上、名鉄観光新霞が関支店へお申込みください。

開催要綱
平成26年度ヘルパー協研修会開催要綱.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 598.5 KB
開催案内
質を高める研修会 案内書.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 126.1 KB
申込用紙
ダウンロードの上、名鉄観光新霞が関支店へお申込みください。
質を高める研修会 申込書.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 203.7 KB